愛媛 県 地震。 愛媛県で起きた強い地震一覧(震度5以上)

愛媛県庁/愛媛県地震被害想定調査結果(第一次報告)について

地震 愛媛 県 地震 愛媛 県 地震 愛媛 県

四万十町• 四国地域評価において新たに詳細な評価を行った断層帯および評価の改訂を行った主要活断層帯について、簡便法により予測震度分布を計算した結果を掲載しています。

概要 市町が、被災した家屋の損害割合を算出することによって、資産価値的観点からの被害程度(全壊、半壊等)を明らかにします。

愛媛県で気をつけるべき災害とは 愛媛県における災害の特徴と対策方法

地震 愛媛 県 地震 愛媛 県 地震 愛媛 県

4)では、2日前に安政南海地震が起きていて区別がつかない状態となりましたが、特に愛媛県の西部では安政南海地震とのダブルパンチとなってしまいました。

10
例えば、「1968年日向灘地震」(M7.5)では愛媛県で地震の揺れと津波による小被害が生じました。 土砂災害の危険性については、自治体が発表している土砂災害危険度情報(土砂災害ハザードマップなど)が参考になります。

5分でわかる愛媛県で起きる地震発生の確率と被害予想について

地震 愛媛 県 地震 愛媛 県 地震 愛媛 県

(3)建物関係の想定• 283• 以下の図から多くの地域で震度5強以上の揺れが生じることが分かります。 申請日5年以内に、県が実施する応急危険度判定講習を修了した者 各種手続きについて 新規登録について 自主学習資料• 1707年10月28日 (宝永4) (宝永地震) 8.6 死者12人、負傷者24人。

14
南海トラフは東海エリア・東南海エリアと、南海エリアが別々に連動して起こることが多く、1854年12月23日には 安政東海地震(マグニチュード8. 1905年の 芸予地震(マグニチュード7. ・ 梅雨前線豪雨による土砂災害 死者1名、負傷者6名 住宅全壊1棟、半壊3棟 ・ 台風第12号による土砂災害 道路寸断により51世帯86名が一時孤立 愛媛県 における防災対策のポイント 地震・津波への備え 地震・津波は突然発生し、破壊力が非常に大きいため、何をおいても命を守るための対策をたてておくようにしましょう。 過去には、台風や大雨による風水害も、大規模な被害が発生しています。

5分でわかる愛媛県で起きる地震発生の確率と被害予想について

地震 愛媛 県 地震 愛媛 県 地震 愛媛 県

安芸高田市• 震度分布(揺れやすさ) <川上・小松活断層セグメントが活動して発生する地震の場合の揺れやすさ> 愛媛県でもっとも大きな影響をあたえる川上・小松活断層セグメントが活動して発生する地震の揺れやすさを表す震度分布図は以下のとおりです。 周防大島町• 2,924• 参照元:内閣府「防災情報のページ」 津波 東日本大震災の時の津波が押し寄せてくる映像は記憶に鮮明に残っていると思いますが、内閣府によれば 南海トラフ地震が起きた時に東日本大震災並の津波が愛媛県に押し寄せると予想されています。

4
(必要に応じて内部調査も実施) 判定結果 判定結果は、建築物の見やすい場所に表示し、居住者はもとより、付近の通行人などに対してもその建築物の危険性について情報提供します。 。

愛媛県庁/地震被災建築物応急危険度判定について

地震 愛媛 県 地震 愛媛 県 地震 愛媛 県

松山市• いの町• 判定体制 被災市町内に判定活動のための実施本部が設置され、判定士は、実施本部が作成した判定実施計画に基づき判定活動を行います。 大竹市• 昭和50年台風第5号、第6号(死者・行方不明者77人、家屋全半壊2,160棟、家屋浸水32,200棟) 昭和51年台風17号(死者・行方不明者6人、家屋全半壊90棟、家屋浸水46,000棟) 集中豪雨、大雨被害 愛媛県における大雨は、梅雨前線によるものが多くなっています。 このため、各地方自治体では、減災・耐震対策に対して公的な助成(木造住宅の耐震診断や木造住宅の耐震工事など)をしていることが多いです。

1
第3編 津波の想定• しかしながら、所有者等が被災した建築物の安全性の確認を行う必要があるものの、被災時に、建築物の安全性を自ら確認することは、現実的に難しいと考えられます。 吉賀町 広島県• このため、 ボランティアとして判定活動に協力していただける民間の建築士等の方々を、「愛媛県地震被災建築物応急危険度判定士」として県が認定し、登録証の交付を受けた判定士により判定活動を行うこととしています。

愛媛県の地震活動の特徴

地震 愛媛 県 地震 愛媛 県 地震 愛媛 県

南海トラフ沿いで発生する大地震を対象に、長期評価の結果と津波予測の手順をもとに、公表時から30年以内に長期評価で想定される大地震が発生し、海岸の津波高がある高さ以上になる確率を評価した報告書です。

11
ただし、活断層はこれまでに判明しているものばかりではなく、知られていないだけで存在している可能性があります。

【愛媛県】地震の起きる沖・活断層はどこ?30年以内の発生確率や過去の地震は? │ 防災の種

地震 愛媛 県 地震 愛媛 県 地震 愛媛 県

3 前提条件• 日向灘のプレート間地震は、マグニチュード7. この地震の32時間前には「安政東海地震」が発生しています。 津波評価等• 愛媛県において津波の高さがもっとも大きいのは南海地域を波源とする地震で、最速31分で津波が到達し、最高で5. また、大雨のときには、気象庁と都道府県から土砂災害警戒情報や土砂災害に関する避難情報も発表されますので、該当する地域にいる場合はできるだけ早く避難してください。

6
また、1854年の安政南海地震(M8.4)で大きな被害があったほか、1946年の昭和南海地震(M8.0)では死者26人や家屋全壊などの被害が生じました。 県内の全市町村は、南海トラフの地震で著しい地震災害が生じるおそれがあり、「」に指定されています。

愛媛県で起きた強い地震一覧(震度5以上)

地震 愛媛 県 地震 愛媛 県 地震 愛媛 県

陸域の地震 1789年:阿波 マグニチュード6. 被害 震源に近かった愛媛県と広島県に被害が集中し、愛媛県内では2棟の住宅が倒壊するなど、建物への被害は1万件を超えました。 (1)予知なく突然発生。 近年だけでも、次のような大雨災害が次々と発生しています。

16
この地震による津波の心配はありません。 三原市• 「まさか自分が」とならないよう、良質な情報を集め、できることから備える行動を起こしましょう。

愛媛県庁/愛媛県地震被害想定調査

地震 愛媛 県 地震 愛媛 県 地震 愛媛 県

日本全国の活断層(活動セグメント)の分布とそのパラメータ、日本の活断層に関係する文献の書誌データ、文献から採録された調査地点ごとの調査結果データ、地下数十キロメートルまでの地下構造データが収録されています。 5,199• 愛南町• 7mの高さになるとされています。 1909年11月10日 (明治42) 宮崎県西部 7.6 負傷者2人、家屋倒壊1棟。

6
また佐多岬から南の沿岸部の市町村は「」に指定されています。 宇和島市• 0km 震度3 愛媛県• 将来ある特定の地震が発生した際に生じる長周期地震動の揺れの強さや性質を予測した地図です。