山健 組 中田。 獄中の中田浩司組長山健組多数率いて神戸山口組脱退し独立組織に【山健組分裂】六代目山口組の動向は

中田広志組長自ら実行犯?山健組は山口組で一番の主流派組織だった【山口組対立抗争】

組 中田 山健 組 中田 山健 組 中田 山健

四代目山健組若頭代行に就任した。 若頭は組長に次ぐ組内ナンバーツーであり、組運営の実務に当たる。

6代目山口組から絶縁されている神戸山口組の幹部としては井上組長、入江禎副組長(宅見組)、寺岡修若頭(侠友会)、池田孝志最高顧問(池田組)、正木年男総本部長の5人がいる(他に破門8人)。

五代目山健組直系組長が下した「ある決断」…対峙する二人の親分への義理と配慮とは?

組 中田 山健 組 中田 山健 組 中田 山健

「8月に神戸市内で起きた 弘道会傘下組員に対する銃撃事件で、中田浩司組長(神戸山口組五代目山健組組長)に逮捕状が出されたようだ」という情報が錯綜したのだ。

10
県警は5日午前、関係先として同会事務所を家宅捜索。 二代目 [ ]• 会津小鉄会本部乱闘事件で逮捕された計18人のうち、9人が処分保留で釈放された。

山健組(中田浩司組長)が神戸山口組に宣戦布告・木村会も六代目山口組入り、どうした神戸山口組解散か?

組 中田 山健 組 中田 山健 組 中田 山健

後は細々社会の片隅で暮らします」と頭を下げないのは、当然なのだ。 それが前述した、神戸山口組からの離脱、そして五代目山健組として一本でやっていくということだったと漏れ伝わってきている。 司組長や髙山若頭をはじめ、組の上層部だけが経済的にうるおい、末端組員は組の月会費さえ払えずに飛ぶ(消息不明になる)現状に、なんら改善や同情する気持ちを持たない。

5
当然、神戸山口組はのちに六代目山口組から【絶縁】【破門】等の処分がなされた。 早い話、分裂の原因をつくったのも、分裂の終熄役を期待されるのも髙山若頭なのだ。

山健組中田広志組長の最後の気持ち。

組 中田 山健 組 中田 山健 組 中田 山健

若中-山本 武史• 実際、この事件を受けて、中田組長に逮捕状が出るのではないかという噂は数日前から確かにあった。 舎弟頭補佐 - 吉田 光守 武竜会会長• 若中-出井 勇二• 中田が若頭である與の事件の報復として弘道会系組員を銃撃したのは2019年8月のこと。

13
《元神戸山口組々員 中田浩司(62歳)神戸在住》 《右の者 当組の規約に反する行為此れ有り 令和2年9月10日付けを持ちまして「除籍」いたしました》 山健組の当代は、2018年5月に井上邦雄組長から継承した5代目の中田浩司組長。 中田が神戸側に残る傘下団体に下した処分のうち、與は「絶縁」となっている。

全国で銃撃事件が発生する「山口組分裂抗争」の行方

組 中田 山健 組 中田 山健 組 中田 山健

著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。

13
1971年、山健組若頭に就任した。 六代目山口組と神戸山口組を巡っては、本部事務所などの使用を制限する本命令が出ていますが、今年11月に兵庫県尼崎市で神戸山口組の幹部が射殺される事件が発生したことなどから、公安委員会は早ければ年明けにも活動をさらに厳しく制限する『特定抗争指定暴力団』に指定する方針です。

中田広志組長自ら実行犯?山健組は山口組で一番の主流派組織だった【山口組対立抗争】

組 中田 山健 組 中田 山健 組 中田 山健

それが2回ともなると、何もしない池田組はそれでいいのかと、業界内で器量が問われかねない。 五代目山健組から神戸山口組に残る山健々員を処分 山健組の現組長(当代五代目 中田浩司組長)は、2018年5月に四代目山健組井上邦雄組長から継承した。 同年12月には殺人未遂容疑で逮捕された。

4
舎弟 - 金本 将典• 分裂から5年経った2020年8月には神戸山口組の中核、五代目山健組が離脱し山口組の看板を下げ独立組織となった。 22日の会合では、24組織の組長らが会合に出席し、席上で神戸山口組からの離脱が正式に表明されたようだ。

新生・五代目山健組がついに誕生…分裂ではなく「分派」して、それぞれの路線を歩む!?

組 中田 山健 組 中田 山健 組 中田 山健

去年10月、髙山若頭が出所する8日前、弘道会系の組員・丸山俊夫がカメラマンを装い、神戸市花隈町の山健組事務所横で山健組系の部屋住み組員二人を射殺した。

19
その後、神戸の人間が2人殺られたけど 鉄砲玉の正体がまさか現役の若頭代行の山健トップだったなんて 本家だけではなく警察にも大義名分を与えてしまった。

中田浩司山健組組長のwikiプロフィールに経歴に家族(妻+子供)は?若頭代行で刺されるって何?

組 中田 山健 組 中田 山健 組 中田 山健

幹部 - 濱田 秀信 三代目火龍会会長• そういう人間は殺されるまでギブアップしまい。 若頭補佐-山本 壱也 四代目竜心会会長• ある時期から、秘密裏に捜査が進められ、中田組長逮捕につながったと考えられます。 ごく簡単に言って、絶縁は2度と組には戻れない、破門も本人の不手際などによる処分だが復帰は可能、除籍にも懲罰的意味合いがないわけではないが、本人の希望が反映されることもあり、元の組との交際も可能だ。

20
中田組長は健竜会、山健組と、井上組長の後を追うようにして出世してきたわけです。

神戸山口組の分裂・対立続く…処分通達でも山健・中田組長に先手を取られて

組 中田 山健 組 中田 山健 組 中田 山健

ここで後の親分となる井上邦雄氏に出会う。

15
会合から途中退席する山健組直系組長たち 今回の騒動は、いうならば、 五代目山健組の分裂というよりも、同組の一部勢力が、 神戸山口組からの離脱を表明した上での「分派」という表現が適切なのかもしれない。 また六代目山口組の戦力の中心である弘道会若頭をそれまでの中野寿城 としき から野内正博に替えた。