唐津 赤十字 病院。 概要・採用データ

唐津赤十字病院 志田原 哲 院長|九州医事新報・中四国医事新報・東海医事新報・関西医事新報

病院 唐津 赤十字 病院 唐津 赤十字 病院 唐津 赤十字

鏡 0• 半田 0• アットホームな環境で、職員間の交流も良好で働きやすい職場です。

また、市内では初めてヘリポートが設置され、離島などでの救急対応の迅速化が期待されている。

概要・採用データ

病院 唐津 赤十字 病院 唐津 赤十字 病院 唐津 赤十字

呼吸器内科の特徴 呼吸器疾患全般にわたり診療を行っています。 入院や手術が必要な症状の時に行く医療機関です。

4
日本赤十字社佐賀県支部は「指定公共機関」として位置付けられているとともに災害救助法等により国及び地方公共団体に対する救助への協力義務が規定されており、災害時には県、市町と一体となって救援活動にあたるほか、平常時には県、市町の防災会議や防災訓練に参加しています。 泌尿器科• 神経内科• 本町 0• 当院では、救護班はもちろん病院内の訓練と県が主導する訓練を実施しています。

佐賀県唐津市の救急指定病院一覧

病院 唐津 赤十字 病院 唐津 赤十字 病院 唐津 赤十字

湊町 0• [症状・来院理由] 朝ご飯を食べさせて保育園へ行こうとしていた時に急に息子が嘔吐して、何度も大量に嘔吐したため急遽病院へ連れて行きました。

11
電話番号 0955-72-5111 公式サイト 診療時間 正確な診療時間は医療機関のホームページ・電話等で確認してください 月 火 水 木 金 土 日 祝 09:00-15:00 09:00-15:00 09:00-15:00 09:00-15:00 09:00-15:00 ー ー ー クレジットカード 利用可 指定病院 駐車場 あり 有料250台 管理医師 志田原 哲 診療科目・専門外来・専門医 診療科目 内科系 、、、、、、、 外科系 、、、、、、、 皮膚科系 泌尿器科系 眼科系 耳鼻咽喉科系 産婦人科系 小児科系 精神科系 歯科系 その他 、、、 専門医 一般系 、 脳・神経系 、、 呼吸器・循環器・消化器系 、、、、、、 整形・形成・皮膚・泌尿器系 、、、、、 眼科・耳鼻・アレルギー・代謝・感染症系 、 産婦人科系 、 小児科系 リハビリ・麻酔系 検査系 、、 歯科・その他 、、 専門外来 呼吸器系 消化器系 循環器系 耳鼻咽喉科系 皮膚・泌尿器系 整形外科系 産科・婦人科系 その他系 麻酔系 実施治療 予防接種 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 紹介状がないとなかなか診察してもらえなく、料金も高くなるみたいです。

唐津赤十字病院 内科

病院 唐津 赤十字 病院 唐津 赤十字 病院 唐津 赤十字

久里 0• 佐志浜町 0• 栄養課• しかし、東日本大震災における福島第一原子力発電所のような大きな被災事故が発生した場合、おそらくこのあたりは避難指示が出るはずです。 血液内科の特徴 血液内科では、造血器腫瘍(白血病、悪性リンパ腫など)や造血障害(再生不良性貧血、骨髄異形性症候群など)、貧血、血小板減少症、凝固異常症(出血傾向や血栓傾向を生じる疾患)などいろいろな血液疾患の専門的診断と治療を行っています。 このため、処方するお薬は通常1日分となりますのでご了承ください。

尚、7月24日10時から15時には、一般向け内覧会を行う予定だ。 日曜日・祝日 午前9時から翌日の午前6時まで 詳細については、に記載してあります。

施設のご案内

病院 唐津 赤十字 病院 唐津 赤十字 病院 唐津 赤十字

この計画の中で、同院の移転新設を「地域医療センターエリア」構想の核と位置づけられたのだ。 検査部• 熊本地震については、救護班を延べ5班送りました。

17
相賀 0• 佐賀県では「ストップ糖尿病」対策として、糖尿病重症化予防連携が県全体で行われておりますが、唐津地域ではいち早く取り組んでおり、病院だけでは疾病コントロールが困難な患者さまが、この連携によってより良い方向へと向かう取り組みも継続しております。

休日当番医カレンダー/唐津市

病院 唐津 赤十字 病院 唐津 赤十字 病院 唐津 赤十字

特発性血小板減少性紫斑病• バス : 「日赤病院前」バス停より、徒歩約15分程度。 熊原町 0• ハード面での災害対策としては、この地域で初めての大型免震建物になりました。

14
高砂町 0• 千々賀 0• 病院群輪番制病院 内科3医療機関・外科5医療機関が休日の輪番(当番)診療体制を組み、内科・外科各1医療機関が休日ごとに輪番で診療します。

唐津赤十字病院(唐津市/和多田駅)

病院 唐津 赤十字 病院 唐津 赤十字 病院 唐津 赤十字

間質性肺疾患(間質性肺炎・サルコイドーシス等)• これには医療職だけでなく、行政や介護職との連携が重要になってまいります。 大石町 0• 糖尿病患者さんは年々高齢化が進んでおり、最近では発症予防だけでなく、糖尿病になったとしても重症化しないような合併症予防が叫ばれております。

その活動理念である人道の実践のために、国の内外において積極的に活動を展開し、毎年着実にその成果をあげていますが、赤十字の多岐にわたる事業活動は、会員をはじめ、県民の皆様が拠出する「活動資金」と「寄附金」によって賄われています。