チュウ レンポウ トウ。 チュウレンポウトウ

九蓮宝燈(チューレンポウトウ) [役満] 麻雀役3分講座!

トウ チュウ レンポウ トウ チュウ レンポウ トウ チュウ レンポウ

0167%という統計が明らかになっております。

8
まさに、一色手である 清一色の最高峰の手役が九蓮宝燈ということになります。

九蓮宝燈(チューレンポートウ)・超最難関の役満

トウ チュウ レンポウ トウ チュウ レンポウ トウ チュウ レンポウ

子のみ 大車輪 2、3、4、5、6、7、8の筒子を対子でそろえた形の役 流し満貫 捨牌がすべて1、9、字牌だった時に完成する役 人和 配牌された時点で聴牌していて、第一ツモの前にロンであがれば完成する役。

その後、人前で自慢するも今日まで「萬子以外は九蓮ではない」と言われ続け、やっぱりそうなのかと残念な思いでおりました。 清一色になりやすい 二時間ほど前にネット麻雀「天鳳」で九蓮宝燈をロン和了しました 索子での完成です 今の所体に不調はありせんw もちろん目指して和了ったわけではなく「清一色」狙いで揃えていきリーチを掛けて「これで和了れば清一色和了でトップとれる そして昇段もできる!」といった感じで九蓮宝燈のことなど頭の片隅にもない状態での和了でした もちろんのこと画面のキャプチャー(画キャプ)もしっかりと撮ってありますw 天鳳では牌譜がありますので後で一つづつ見ていくことができます 配牌時には七枚の索子、一索と七索の対子、二索、四索、五索一枚ずつという配牌でした 二巡目の自摸が九索、四巡目自摸が萬子でしたがこの時点で萬子と索子の二種類になりました 五巡目に一索を自摸り暗刻に、八巡目に九索を自摸って対子になっています 十巡目に三索を自摸って索子以外は二萬の対子のみになっていました 個々で牌譜を見ると下家が八索を対子に、対面が四巡目に切っています 八索は残り一つに・・・ 十一巡目に二萬を自摸りなんと暗刻になっています ここで捨てるのは対子になっていた片方の二萬を切りました(あんまり意味なしですが) 十二巡目に九索を自摸ってきました このあたりでは完全に清一色はできるぞ、という気持ちしか無いですね 一三巡目に最後の一つである八索を自摸っています 手配で最後の萬子である二萬を捨ててリーチをかけています この時点でも「清一色確定で和了ればトップ確定」」くらいのつもりでいたはずです さて、アガリ牌は・・・ 「さて、どれが上がり牌なのか・・・」と考えていましたが「三六索?う~~ん、六索はあっても三索はないなあ~」「六九索か?六索はあり得るけど九索はダメ!」・・・ そして一六巡目の対面が六索を自摸ってツモ切り(対面も聴牌状態でした)したところで「ぴよっ」っという音が成り「ロン」という文字が出てきました マウスでポチリと押すと・・・「どじゃああ~~ん」と銅鑼の音が この銅鑼の音は役満が出たときの音 和了ったのはわかったので「リーチ、清一色でおやっぱね~!!」のはずが画面に表示されたのは「九蓮宝燈」と・・・ その次に目に入ったのが役満の文字 少しの間わけがわかりませんでした この先、何もありませんように・・・なむなむw コンシェルジュのミライです。

九蓮宝燈(チューレンポウトウ)とは?アガる戦略と狙うべき手牌とは!

トウ チュウ レンポウ トウ チュウ レンポウ トウ チュウ レンポウ

という塩梅だったのですがこれチューレンでしたでしょうか???だとすれば無知の涙以外の何ものでもありませんねハッハッハ• 川キュウ茶調散(センキュウチャチョウサン)• かつて九蓮宝燈は萬子限定の役満とするルールも存在したようですが、現在は色の制約はなくなり「萬子・筒子・索子」どの種類でも認められるルールと認識しております。 桂枝人参湯(ケイシニンジントウ)• 難易度に差があるから、純正のほうをダブル役満にしてる場合が多いってことか。 サイケット• 今後とも当サイトを宜しくお願い致します。

アガるポイント• 鳴いた場合は清一色になってしまいます。

九蓮宝燈(チューレンポウトウ)とは?アガる戦略と狙うべき手牌とは!

トウ チュウ レンポウ トウ チュウ レンポウ トウ チュウ レンポウ

紫雲膏(シウンコウ)• 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)•。 純正九蓮宝燈=九蓮宝燈九面待ちはダブル役満• 以下がその一例です。

17
桂枝湯(ケイシトウ)• 子のみ. 七物降下湯(シチモツコウカトウ)• 親の配牌時にあがっている場合に成立します。 両面待ち これは、3・6索待ちの両面待ちです。

九蓮宝燈(チューレンポウトウ)とは?アガる戦略と狙うべき手牌とは!

トウ チュウ レンポウ トウ チュウ レンポウ トウ チュウ レンポウ

九蓮宝燈 チューレンポウトウ を狙う際の注意点 九蓮宝燈を狙う際の注意点を解説していきます。

16
今後とも当サイトを宜しくお願い致します。 実戦では純正より、このような限定された形が圧倒的に多いですね。

竹田恒泰氏が蓮舫議員に賛同「こればかりは『レンポウ』さんの言うことが正しい」

トウ チュウ レンポウ トウ チュウ レンポウ トウ チュウ レンポウ

甘露飲(カンロイン)• 基本的にはこの形ではなく、先に何かの牌がダブった形での待ち構成となるため、高め九連宝燈、低めという場面がほとんどです。 清心蓮子飲(セイシンレンシイン)• 葛根湯加辛異川キュウ湯(カッコントウカシンイセンキュウトウ)• つまり、このローカル役を認めていると、普段なら5翻のところを、なんと特別に8翻!ということになるわけです。 ダブル役満が成立するルールの場合は天和(テンホウ)・地和( チーホウ)と複合します。

8
今回、教えるのは役満の中でもさらに「王様」のような扱いを受ける九蓮宝燈です。

九連宝燈(チューレンポウトウ)

トウ チュウ レンポウ トウ チュウ レンポウ トウ チュウ レンポウ

本当にかっこいいですね、、自分がアガっていることを想像するだけで興奮するレベルの役満です。

10
そしてさらにチー・ポン・カンをしてはなりませんので たとえ暗槓であっても槓子を含む「九蓮宝燈」は成立しないとされています。