あいち トリエンナーレ 補助 金。 あいちトリエンナーレ 補助金不交付問題で表出した「公共の解体と私物化」

あいちトリエンナーレ(表現の不自由展)の補助金不交付決定の争い方(訴訟等の類型)

トリエンナーレ 補助 金 あいち トリエンナーレ 補助 金 あいち トリエンナーレ 補助 金 あいち

展示の責任を持つのは、お金を出した自治体ではなくて、芸術監督と実行委員会になります。 あいちトリエンナーレにおける企画展の一つである「表現の不自由展・その後」(以下、「表現の不自由展」とする)が、外部からの脅迫を受けて「危機管理上の正当な理由」によって中止された。

4
トリエンナーレと同様に、2年に1度、日本の各都市で芸術祭がおこなわれています。

あいちトリエンナーレ 補助金不交付問題で表出した「公共の解体と私物化」

トリエンナーレ 補助 金 あいち トリエンナーレ 補助 金 あいち トリエンナーレ 補助 金 あいち

道路を使うということが判例上、基本的にはデモの自由ということで認められているから、いくら内容が気にくわなくても認めなければいけない。

13
それに対して、 「その展示、やめた方が良いんじゃない?」という形で寄り添われれば、それは実質的に内容に口出しをすることになります。 文化庁は、日本の行政機関のひとつで、文化の振興及び国際文化交流の振興を図るとともに、宗教に関する行政事務を適切におこなうことを任務とする文部科学省の外局です。

名古屋市:あいちトリエンナーレ名古屋市あり方・負担金検証委員会について(暮らしの情報)

トリエンナーレ 補助 金 あいち トリエンナーレ 補助 金 あいち トリエンナーレ 補助 金 あいち

なにしろオリンピックのための警備を理由に、国会では野党が猛反対した「テロ等準備罪(共謀罪)」を無理やり通した首相である。 例えば、日本のお笑い芸人がバラエティー番組で肌を黒く塗るメイクをしたことが、人種差別だと指摘されたことがあります。

3
前者に該当すると明確に述べられたものの例としては、米国の例ではありますが、児童ポルノなどがあげられます。

日本と世界のトリエンナーレ(芸術祭)5つと助成金制度の解説

トリエンナーレ 補助 金 あいち トリエンナーレ 補助 金 あいち トリエンナーレ 補助 金 あいち

ここに安倍政権の恣意的な意志を見出すことは容易である。

9
双方のやり取りの中で、あの表現が「良かった」「悪かった」と反省的に見ていくことが、理想的なあり方なんだと思います。

【『表現の不自由展』補助金不交付】前例のない決定はまるで懲罰? 政府は不交付を再考せよ

トリエンナーレ 補助 金 あいち トリエンナーレ 補助 金 あいち トリエンナーレ 補助 金 あいち

「不自由展」中止までに何があったか 荻生田文科相は、不交付の理由を「申請のあった内容通りの展示会が実現できていない」と述べ、「中身については文化庁はまったく関与しておらず、検閲にはあたらない」としたが、このようなかたちで、一度決まった補助金が取り消される例は聞いたことがない。

19
あいちトリエンナーレの補助金問題が炎上 なんじゃこれは。 公権力が『この内容はよくてこれはダメだ』と言うのは、検閲ととられても仕方ない」と批判するなど、表現の自由をめぐって意見が対立していた。

あいちトリエンナーレへの寄付金は政治活動が除外されているのか?

トリエンナーレ 補助 金 あいち トリエンナーレ 補助 金 あいち トリエンナーレ 補助 金 あいち

同じくツイッターで「こんな前例を許してしまったら、今後政府の意向に沿う文化事業にしか補助金は出せないということになるではないか。 それに対してどう対応すべきか。

15
ただそれに対して、芸術祭を企画する自治体などが萎縮する可能性はあります。 その延長に、多数派を代表している形の時の政権が認める文化、好む表現は公的助成が受けやすく、逆に、政権にとって気に入らない「少数派」の文化は排除されてもいい、という流れが出来ます。

あいちトリエンナーレ報告「公金支出は当然」という前提の奇妙さ(髙橋 洋一)

トリエンナーレ 補助 金 あいち トリエンナーレ 補助 金 あいち トリエンナーレ 補助 金 あいち

3%にすぎない。 しかし、今回のあいちトリエンナーレでは、行政が直接に芸術祭を開催するという形ではなく、実行委員会を作り、間に芸術監督やプロのキュレーターを挟んで、彼らの責任で芸術祭をやる形を作っています。

15
出典:CBCテレビ こんな報道がありました。

トリエンナーレの補助金、一部交付へ 文化庁が方針転換:朝日新聞デジタル

トリエンナーレ 補助 金 あいち トリエンナーレ 補助 金 あいち トリエンナーレ 補助 金 あいち

何としてでも撤回させなくてはと、「文化庁は文化を殺すな」のを始めました。

11
この日に「ガソリン携行缶を持ってお邪魔する」と、京都アニメーションへの放火事件を彷彿とさせる脅迫FAXがあり、あいちトリエンナーレ実行委員会の委員長でもある大村知事が津田大介・芸術監督に対して、中止を提案した。