フォレスター スポーツ。 【スバルフォレスター】スポーツ登場でパワーアップ!旧モデルなら中古車で[2020年12月19日]

スバル、「フォレスター」に新開発1.8リッター直噴ターボ搭載の「SPORT」新設定

スポーツ フォレスター スポーツ フォレスター スポーツ フォレスター

カラーナインナップも新型フォレスター(エックスブレイクは4種類)で9種類と豊富なポイントも特徴です。

13
ターボ仕様独自の内外装が装備はないものの、エクスクルーシブモードと100周年特別記念車には、特別仕様車としての特別装備が存在します。

スバル フォレスター 1.8 スポーツ 4WDの基本スペック|中古車なら【カーセンサーnet】

スポーツ フォレスター スポーツ フォレスター スポーツ フォレスター

全天候型SUVフォレスターらしいタイヤへのこだわりも魅力的なポイントです! スクウェアデザインのリア ルーフに向かって垂直にライン取りされたスクウェアデザイン男前なリアビュー。 とくにスポーティという印象はありませんが、これぐらいの速さが館長にはちょうどいいです。

10
試乗に伺う時は前日からの雨も止ませてしまう程の晴れ男なんですが、最近は雨に味方されがちなんですw 今回は傘を差しながらエクステリアのチェックしてますのでお見苦しい点をご了承下さい。

これぞ本命!? スバル「フォレスター」にターボ復活! 最上級「スポーツ」追加の狙いとは(くるまのニュース)

スポーツ フォレスター スポーツ フォレスター スポーツ フォレスター

ここで試乗したフォレスター・スポーツもレヴォーグ開発技術波及モデルのひとつ。 新開発エンジンに加えて、専用開発のダンパーとコイルスプリングを採用することで、SUVでありながら質感の高いスポーティな走りを実現。

早速改良ポイントを詳しく紹介していきましょう。

時代はターボSUV!? スバル新型「フォレスタースポーツ」をマツダ「CX

スポーツ フォレスター スポーツ フォレスター スポーツ フォレスター

内外装もスポーティな「フォレスター スポーツ」の魅力とは スバルは、ミドルサイズSUV「フォレスター」に1. サイドには専用装備として、• 空いたスペースを電動化のために使うこともできる。

18
日常での扱いやすさを重視し、低回転域から300Nmの高トルクを発生します。

スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 真面目なスバルの憂鬱

スポーツ フォレスター スポーツ フォレスター スポーツ フォレスター

240Vコンセントでフル充電に必要な時間は約2時間で、エンジンも併用したハイブリッド走行時には、最大480マイル(約772キロメートル)の航続距離を実現するといいます。 スロットルトラベルの半分あたりまでで穏やかに踏んだり放したりという、要するに普通に走るぶんには扱いやすさが向上している。

20
燃費はJC08モードで18. 常時全輪駆動(AWD)などのポイントは変化ありませんが、燃費は変更になっています。 ボディカラーはアイスシルバー・メタリック、マグネタイトグレー・メタリック、クリスタルブラック・シリカ、ホライゾンブルー・パール、ダークブルー・パール、ジャスパーグリーン・メタリック、セピアブロンズ・メタリック、クリスタルホワイト・パール、クリムゾンレッド・パールの全9種ある点も現行モデルと同様です。

スバル フォレスター 1.8 スポーツ 4WDの基本スペック|中古車なら【カーセンサーnet】

スポーツ フォレスター スポーツ フォレスター スポーツ フォレスター

ボディカラーはスポーツ同様9種類で、クリスタルホワイト・パール、クリムゾンレッド・パールに追加料金がかかる点も共通しています。 グローブボックス内は流石にハードプラ仕上げでした。 安全性をアップする先進技術と上質なデザインが魅力の上級モデルとなっています。

19
個人的に最近思うのは、• リアバンパーガード シルバー加飾・ディフューザータイプ マフラーカッターまで丁寧に処理されて申し分ない仕上がりです。 こういったフットワークの特徴もレヴォーグと似ている。

現行車ではターボ初搭載! スバル新型「フォレスター スポーツ」は最新の水平対向ターボで武装(くるまのニュース)

スポーツ フォレスター スポーツ フォレスター スポーツ フォレスター

フロントグリル ブラック塗装&ブラック加飾 グリルの仕上げもグロス塗装されて質感高い! 中央の六芒星エンブレムは夜空に輝く星の様に輝いていましたw こだわるボックスデザイン クーペライクなデザインが溢れるSUVモデルの中で、 実用性・機能性にこだわったボックスサデザインが潔くてカッコいい! フロントのAピラーからリアのCピラーまで大胆なウインドウデザインは乗り込むと納得する開放感が味わえます。 モード切替はステアリングスイッチ内でダイレクトに切り替えが可能です! 操作性抜群のスイッチ配置が良い! スーパーカークラスやAMGモデルには見た事がありますが国産メーカーではスバルだけかと! 新型レヴォーグは大型タッチパネルが話題になっていますが、操作性がどれだけ変わるのか気になる部分でもあります。

2
以前2. スポーツ用18インチアルミホイール(ダークメタリック塗装)• 個人的にスバルがお気に入りということもあり、最近スバルに触れる機会が多かったのです。 背中のサポート性が良い! ウルトラ・スエードシート フォレスタースポー専用シートになる、• とはいえ、やはり微妙なスロットル操作に即応してくれるわけではない。