ケン ジャパン。 製品情報

製品情報

ジャパン ケン ジャパン ケン ジャパン ケン

10月 第32回東京モーターショーに「GT-R オーテックバージョン 40thアニバーサリー」を出展。 1960年11月 第42回トリノショーにイタリアの「」にデザインを依頼した「スカイライン・スポーツ」(BLRA型。

また細かいところでは、エンジンカバーに書かれた「Turbo」「NEO STRAIGHT 6」の文字に施された赤い塗装が廃止されたことがカタログから読み取れた。

製品情報

ジャパン ケン ジャパン ケン ジャパン ケン

2007年10月 クーペの販売終了。

2
6月 4ドアセダンに特別仕様車「GTS25tタイプG リミテッド」を設定。

製品情報

ジャパン ケン ジャパン ケン ジャパン ケン

2001年6月18日 「XVL」を、ルノー上層部の意向でV35型として発売。 メカニズム面では、ケンメリGT-Rに搭載されていたS20型エンジン以来の直列6気筒4バルブDOHCエンジンで、2ヵ月後にZ31型に搭載された180PS(発売当初はグロス値表記で210PS)を発生する型を搭載し、上級グレードには4輪独立操舵システムであるを搭載したモデルである。

ヘッドランプは、前期型はGT系、TI系とも丸形4灯式で、後期型ではGT系のみ異型角形2灯式となった。

日産・スカイライン

ジャパン ケン ジャパン ケン ジャパン ケン

1972年9月 「'72GCシリーズ 富士インター200マイルレース大会」スーパーツーリングTS-bcレースにてサバンナとこれまでに無いほどの熾烈な戦いを制し、が駆ったGT-Rが1位、プライベートのが3位、同じくプライベートの. N耐参戦ベース車である「Vスペック N1仕様」は、カーボンセンターリヤスポイラー 角度調整機構付 、カーボン製アンダーカバー、メタルタービン、空冷式エンジンオイルクーラーなどの専用装備を持ち、軽量化として助手席エアバッグ、エアコン、オーディオ、集中ドアロック、リヤワイパーなどが省かれている。 「スカイライン・スポーツ」は7位、10位。 総生産台数はクーペ33台または35台、コンバーチブル25台とされている。

3
搭載エンジンは全てRBシリーズの直列6気筒DOHC。

台湾製 平面研削盤、門型マシニング、五面加工機、立旋盤、横中ぐりフライス盤、ガンドリル、トイシ成形機、ラジアル盤、フライス盤等台湾製工作機械 製造販売

ジャパン ケン ジャパン ケン ジャパン ケン

1月 「ハードトップ2000GT-R」(KPGC110型)を追加。 オプションでを設定。 都心のに住んでいる。

2005年4月27日 セダンに特別仕様車「リミテッドレザー」を設定。 R34型登場時には設定のなかった2WDセダンのNA 2. 日本では同年11月11日に13代目V37型スカイラインとして発表され、翌2月26日に発売。

日産・スカイライン

ジャパン ケン ジャパン ケン ジャパン ケン

デラックスのフロントグリルがグロリア同様の格子型に変更。 5L車にスノーシンクロモード付アテーサE-TSが搭載された4WD車「250GT FOUR」を追加。 ただし先述の通り、元々別の車種として開発されたモデルであり、旧来のファンが「スカイライン」としての違和感を覚えたのは当然という意見もある。

19
最下位グレードがセダン1600DXとなりLPG営業車とワゴンが廃止される。 この後、R32型までGT-Rは設定されていない。