中国 大 返し。 秀吉単独による中国大返し。そのトリックとは一体?

豊臣秀吉はなぜ中国大返しが出来たのですか?

大 返し 中国 大 返し 中国 大 返し 中国

また牛窓辺りから海運ルート使った可能性もある。

7
土岐氏は室町幕府の重臣です。 庶民からプリンセスとなったシンデレラも、最初から貴族出身ではあそこまでウケなかったはず。

戦国時代の一大スペクタクル「中国大返し」の真相とは?光秀と秀吉の共通点も見えてきた | 和樂web 日本文化の入り口マガジン

大 返し 中国 大 返し 中国 大 返し 中国

まあ中国大返しについては、後で秀吉がかなり 「ふかしている」と言ってましたが、その通りで彼はそういう情報操作が上手いんですよね。 そして、細川が味方していれば、洞ヶ峠を決め込んだ大和の筒井順慶は光秀側についたはず。 これは非常に危険な行軍となったことから、秀吉自身と物資をするためのとは、危険と混乱を回避するためにを利用したのではないかという憶測も生まれた。

12
十分な準備ができないまま現在はサントリーの工場がある京都の山崎で戦になってしまい、敗れた。 その後は信長公御子息を守立るが、天下を治める器量にはあらず。

秀吉の「中国大返し」に新説が登場。信長用の”接待設備”が奇跡の理由?

大 返し 中国 大 返し 中国 大 返し 中国

明智軍の総勢15,000。

3
この作戦は功を奏し、摂津の諸将らが次々と秀吉陣営に駆けつけたといいます。 強いっていうと 1:本人の戦場での情況判断力(部下の信頼) 2:将校団の現場の力 3:個々の兵士の戦場経験値 4:装備 なんてのが必要条件かと思います。

「中国大返し(1582年)」明智討伐に向けた秀吉軍団の大・大・大行軍はここがすごい!

大 返し 中国 大 返し 中国 大 返し 中国

光秀は、各地の諸公に味方するよう唱えるも、思いの他味方を得られず、それに対し秀吉側は、移動中に兵を増やして行き、 到着時点で 4万ともされる兵を確保しています。

4
そして城側への心理的な影響もあります。 日本史上に残る大強行軍 中国大返しでは約10日で200kmを走破したといわれています。

【中国大返しとは】簡単にわかりやすく解説!!高速移動のルートや距離・官兵衛について

大 返し 中国 大 返し 中国 大 返し 中国

信長の死を報せているのですから、おそらく本能寺での戦闘終了後に安土城へ報せが走ったのでしょう。

2
全宗は信長の比叡山焼き討ち後に還俗し、戦国時代の名医である曲直瀬道三(まなせどうさん)より医学を学んだ人物だ。

秀吉単独による中国大返し。そのトリックとは一体?

大 返し 中国 大 返し 中国 大 返し 中国

秀吉が当時、姫路城などを経由した通った道はある程度分かっていますので、実際は上の図で示されているような「203km」とは異なります。 そしてここには、仮に遠征中の諸将が本能寺の変を知ったとしても、戦線を撤収して光秀を討つべく反転し、京都に攻め上ってくるのには時間がかかるであろうとの読みがあったと思われる。 膳所が崎へ御退きなされ候。

9
一方で、その距離を移動するためには、食べることも休むことも必要です。 「奇跡」は本当にあったのか。

4/8 BSプレミアム 英雄たちの選択「新発見!秀吉・中国大返し~これが幻の高速移動システムだ!~」

大 返し 中国 大 返し 中国 大 返し 中国

それは、やはり「中国大返し」だろう。 摂津へ到着したのは、その日の夕刻であったろうと考えられる。 こうなると、5日出発説はそこまで無理な内容ではない。

10
毛利との和睦もほぼ合意できていることも幸いです。 信長の居城・安土城を奪って財宝を家臣らに分け与えると、秀吉の本拠・長浜城や長秀の本拠・佐和山城なども占領しました。

神戸・兵庫の郷土史Web研究館/郷土史探訪ツーリズム研究所

大 返し 中国 大 返し 中国 大 返し 中国

たまたま大返しの通路が自軍側の土地で、中継基地として軍事物資の集積されていた姫路城を利用できたという幸運を割り引いても、その行動は見事であり 、大返しの成功は、謀略ではなく幸運の産物である。

秀吉は備中高松城を水攻めで孤島状態にしたため、毛利輝元の援軍もなす術がなく、両者は講和することになります。 まるで上司の顔色を窺いながら仕事をしているような話だが、思えば、江戸を切り拓き、一大都市を整備した家康のように、土木事業は戦国武将の必須スキルだ。

実話

大 返し 中国 大 返し 中国 大 返し 中国

「これは結果論なのか、秀吉の計算なのかは分かりませんが、秀吉は御座所システムを整備したことで、情報ネットワークを確立します。 しかし、秀吉と信長のある種独特の関係性を考えれば、計算づくだけの行動ではなかったように思う。

#2の方が書かれているように、3,4、特に装備面が同程度の東北地方においては、抜群の強さを誇ったようです。 そして何より秀吉が光秀を破った山崎の戦いにおいて秀吉軍の名目上の総大将は信長の三男信孝であり、更に丹羽長秀など当時の織田家の序列では秀吉より上位の武将も加わっていました。