三重 県 緊急 警戒 宣言 延長。 三重県 緊急警戒宣言を延長 来月7日まで、知事表明

三重県の緊急警戒宣言(延長)における対応のお願い|みえけんなび

警戒 延長 県 宣言 緊急 三重 警戒 延長 県 宣言 緊急 三重 警戒 延長 県 宣言 緊急 三重

仕事の間の休憩や食事など居場所が切り替わる場面においては、気の緩みなどで感染リスクが高まるため、会話の際にはマスクを着用し、人との距離を確保するなど感染防止策を徹底してください。 期限は3月7日とする予定だが、感染状況次第で解除を前倒しする可能性もある。

8
宣言の発出後は、県民、事業者の皆さんのご協力により、飲食の場や県外由来と考えられる感染が大きく減少するとともに、新規感染者数も減少傾向に転じていますが、クラスターが多数発生し、依然として新規感染者数は高い水準にあり、医療提供体制も厳しい状況が続いています。 一方、四日市市、桑名市、鈴鹿市の飲食店に対する営業時間短縮の要請を継続するかについては「あす説明したい」と述べるにとどめた。

飲食店への時短要請 三重で延長せずも…店は「皆様の飲み食いまで時間かかる」「協力金なしは厳しい」

警戒 延長 県 宣言 緊急 三重 警戒 延長 県 宣言 緊急 三重 警戒 延長 県 宣言 緊急 三重

緊急警戒宣言は愛知、岐阜両県が政府の緊急事態宣言の対象地域に加わったことなどを受け、先月14日に発出。 一方、県北部の桑名市、四日市市、鈴鹿市の一部の飲食店に対する営業時間の短縮要請は、飲食店での感染が大幅に減少したとして、7日までで解除することになりました。 鈴木知事は「県外由来や飲食による感染は収まってきているが、1週間当たりの感染者数などは引き続き高い水準にある。

だけど、解除したから四日市の街の中で飲み食いができるかといったら、できないと思いますので…」 緊急警戒宣言の期限は3月7日までですが、三重県は感染状況が早期に改善した場合は、期限を待たずに解除する方針です。

三重県の緊急警戒宣言(延長)における対応のお願い|みえけんなび

警戒 延長 県 宣言 緊急 三重 警戒 延長 県 宣言 緊急 三重 警戒 延長 県 宣言 緊急 三重

鈴木知事は「時短要請は解除するが、飲食の場での警戒を緩めてくださいと言っているのではない。

6
居酒屋のオーナー: 「解除されてもお客様が出てくるとは思えないですけど。 時短要請の解除が決まった四日市市で話を聞いてみると…。

三重県の緊急警戒宣言(延長)における対応のお願い|みえけんなび

警戒 延長 県 宣言 緊急 三重 警戒 延長 県 宣言 緊急 三重 警戒 延長 県 宣言 緊急 三重

引き続き、大人数、長時間の飲食の場は避けるよう行動してほしい」と警戒を呼びかけました。 延長された宣言では、県民に対し、引き続き、県境を越える不要不急の移動を自粛することに加え、新たに県内の移動も慎重に判断し、感染リスクが高い場合は避けるよう求めています。 新型コロナウイルス対策のため、三重県が発出していた緊急警戒宣言が2021年3月7日(日)までに延長されました。

8
事務所や工場など業務を行う場所での感染防止策に加え、食堂、休憩所、喫煙所などにおいても、感染防止策を徹底し、従業員の皆さんに注意喚起を行ってください。 なお、1月18日から2月7日までの間、桑名市、四日市市、鈴鹿市を対象として、酒類を提供する飲食店、接待を伴う飲食店に要請されていた21時までの営業時間の短縮について、期間の延長はありません。

三重県の緊急警戒宣言(延長)における対応のお願い|みえけんなび

警戒 延長 県 宣言 緊急 三重 警戒 延長 県 宣言 緊急 三重 警戒 延長 県 宣言 緊急 三重

飲食の場面における接触機会の低減を図るため、食事の際にはテイクアウトやデリバリーも積極的に活用してください。

15
同じく7日に期限を迎える営業時短要請の対応については「時短要請以外の措置も見ていただきたい。

三重県 独自の宣言延長し時短は解除 飲食店などに支援金給付へ

警戒 延長 県 宣言 緊急 三重 警戒 延長 県 宣言 緊急 三重 警戒 延長 県 宣言 緊急 三重

みえけんなびでは、掲載店舗様の営業日・営業時間を把握しておりませんので、お問い合わせいただいても対応することができません。 県内移動の慎重な判断• また三重県は、飲食店とタクシー会社などを含む取引業者を対象にした支援金制度を設けます。

15
ご利用の皆様にはご不便とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力のほど、お願い申し上げます。 三重県は5日に対策本部会議を開き、県独自の「緊急警戒宣言」を延長することを正式に決めました。