ゲート コントロール 理論。 ゲートコントロールセオリー(理論)で痛みを緩和しよう!

ゲートコントロール理論をわかりやすく解説

理論 ゲート コントロール 理論 ゲート コントロール 理論 ゲート コントロール

ゲートコンロトールセオリーは、あなたが痛みを感じた時にその部分をさすったり、違う身体の一部分を押したりつねったりすることがありますよね?その行動の理論を科学的に説明しようとしたものです。

19
低周波治療では、皮膚の表面から体内に流れている電流と同じくらい弱い電流を皮膚の表面から流して治療を行います。

ゲートコントロール説(理論)

理論 ゲート コントロール 理論 ゲート コントロール 理論 ゲート コントロール

• 神経腫はしばしば機械刺激に敏感で、軽い圧刺激や手足の運動が引き金となって、障害された神経が以前支配していた領域に放散する痛みを引き起こします。 この「触れる」という行為は「タッチング」と言って、医療現場ではとても重要な看護技術の一つです。 つまり、 不安をなくせば賦活されます。

7
DNIC(広汎性侵害受容性調節)とは DNIC(広汎性侵害抑制調節)とは「痛みが痛みを抑制する現象で、全身のあらゆる部位に加えた侵害刺激(熱刺激、機械適刺激、発痛物質による化学刺激のような多様な刺激)が本来の痛みの情報伝達を抑制する」というものである。 今回はこの「タッチング」についてのお話です。

低周波治療が痛みに効くしくみ

理論 ゲート コントロール 理論 ゲート コントロール 理論 ゲート コントロール

疼痛調節伝達物質 [ ] セロトニン(5-HT) 脊髄に投与すると、侵害受容ニューロンの発火を抑制する。

17
なので、ゲートを閉じてあげれば、痛みが脳へ伝達されるのをブロックできるというのがこのゲートコントロール節の理論です。 皮膚が冷たいときや交感神経が優位なときに痛みを感じやすいのは、この機序によるものです。

ゲートコントロール理論って何?

理論 ゲート コントロール 理論 ゲート コントロール 理論 ゲート コントロール

痛みが発生した時にその部分をなでたりさすったりすることは、その刺激で痛みのゲートを閉め、痛みを感じにくくすると言われています。 その後の実験により、侵害刺激に対する反応が脳の特定部位への電気刺激により極めて特異的に抑制され、慢性痛に有効であること、後角の侵害受容ニューロンが脳幹の鎮静作用部位の刺激により選択的に抑制されたこと、脊髄背側策の切断は脳幹ニューロンによる侵害刺激抑制作用が消失したことが判明し、痛覚伝達の調節システムに下行脚が存在するとされた。 L線維から、SGとT細胞の両方を興奮性入力がある。

13
それぞれの患者に適した効果的なタッチングを取り入れ、患者の身体だけではなく、心に寄り添った看護ケアを行いたいものですね。

低周波治療が痛みに効くしくみ

理論 ゲート コントロール 理論 ゲート コントロール 理論 ゲート コントロール

次は、この理論がTENSにどのような関係があるのかを説明していきます。 ちょうどゲートコントロールの続きを書こうと思っていたので 今回はもう少し詳しく機序などに触れてみようと。 橋中脳背外側被蓋部には楔状核、A7領域が含まれ、A7領域は吻側延髄腹側部と双方向性に連絡している。

8
TENSは経皮的電気刺激という意味ですが、要するに皮膚を電気で刺激するよってことです。

すぐに役立つ治療のヒント「 ゲートコントロール理論 2 」

理論 ゲート コントロール 理論 ゲート コントロール 理論 ゲート コントロール

B 軸索反射 :鍼灸を施術した部位の血管を広げたり、血液の流れを良くしたり、痛みの物質を流すなどの作用を出します。 効果的なタッチングを行うポイント タッチングには看護師と患者との信頼関係を深める効果がありますが、スキンシップの少ない文化的背景を持つ日本人にとっては、タッチングを行う時点で既にある程度の信頼関係が築かれていることが必要です。 太い線維の興奮伝導を遮断しておいてから、C線維に電気刺激を加えると陽性後根電位が発生すると報告した。

2
このように表皮の反応にも大きくかかわることが明らかになっていま す。 まとめ 患者に安心感を与え、苦痛を和らげるのに欠かせない看護技術「タッチング」。

低周波治療が痛みに効くしくみ

理論 ゲート コントロール 理論 ゲート コントロール 理論 ゲート コントロール

早めの対策が必要です。

20
「 線維筋痛症 は、中枢感作症候群に分類されるグループの症候群中の、一疾患だと認識されている」 という記述があります。