なん だ ァ て め ェ。 キェェェェェェアァァァァァァシャァベッタァァァァァァァ!!!ってなんです...

ジャイロ・ツェペリとは (ジャイロツェペリとは) [単語記事]

ェ め だ ァ なん て ェ め だ ァ なん て ェ め だ ァ なん て

慣れるまで守ってやれ」 ギュネイ 「は、はい」 シャア 「私はネオ・ジオンの再建と打倒アムロ以外興味はない。 あ、ああっ」 L・B兵A 「おおっ」 チェーン 「どうしたの?」 射撃手A 「コントロールセンターからリモコンできんのです」 チェーン 「来た…」 レズン 「ニュータイプだ強化人間だって、艦隊の足を止められなけりゃあさ」 「よく見つけてくれた」 チェーン 「ダミー」 射撃手A 「はっ」 チェーン 「うーっ…あっ」 「こっち」 レズン 「なんなんだこの力は?…あたしが直撃を受けている?」 射撃手A 「やったあ」 チェーン 「え?」 「まだ」 クェス 「…なんか、あたしの中に人がいっぱい入ってくる。 27 HqVwfO7kjCK5nCD-DGqCZhv-IOM ここまで! 湖も」 「こんなのを見れば、人が革新できるって信じられる」 ハサウェイ 「ザビ家が独立宣言した気分ってわかるよな」 クェス 「でも、ザビ家のジオンは地球に負けたんだよね?」 ハサウェイ 「そうだけど」 クェス 「お父さんはこんなもの知らないで、地球から宇宙に住む人を支配しているのよね」 ハサウェイ 「だからさ。

8
消化剤防御」 アムロ 「月に地球、カペラ、ベガ、太陽と。

逆襲のシャア 全せりふ 後半

ェ め だ ァ なん て ェ め だ ァ なん て ェ め だ ァ なん て

゚o゚ ハッ• 顔を見れば、そんなイライラすぐに忘れるよ」 クェス 「子供は嫌いだ、ずうずうしいからっ」 ハサウェイ 「あっ」 チェーン 「ハサウェイ、どきなさい、その子は危険よ」 クェス 「嫌な女。 ・ロ・ ホー 'ロ' ホーー!• エライコッチャ! (-O-;)ハフーン• よくフィフス・ルナの核ノズルを守ってくれた」 ミライ 「だってこれ、正式の航空券ですよ?」 オフィサー 「ですがね」 「どうします?」 キャサリン 「嫌ですよ。 逆襲のシャア 全せりふ 前半 逆襲のシャア Char's CounterAttack チェーン 「原因はなんです?重量が3キロ減った原因は」 オクトバー 「コックピット周辺のフレームの材質を変えたんです。

3
戦闘ブリッジ開け。

ジャイロ・ツェペリとは (ジャイロツェペリとは) [単語記事]

ェ め だ ァ なん て ェ め だ ァ なん て ェ め だ ァ なん て

どういうことか説明してくれー!!」ワイ「が、概要ァ・・・」ポロポロ にこのが建てられ 、その文章の突っ込みどころ、勢い、がに影を与え、中にさせた。 アムロを呼びだせ」 メラン 「はっ」 ブライト 「戦闘ブリッジ、早く開くの」 アムロ 「なんだ?」 チェーン 「ラー・カイラムから」 アムロ 「ん?」 「シャアの第二波が月の近くで?俺にはロンド・ベルに帰投しろ?」 「サイコミュ受信の調整終了」 メカニックA 「ええっ?」 チェーン 「出るんですか?」 メカニックA 「でも、まだ終わっちゃあ」 アムロ 「ほら」 メカニックA 「あっ」 チェーン 「出るんですか?」 アムロ 「火を入れる」 チェーン 「無理ですよ」 アムロ 「方法はあるはずだ」 チェーン 「アムロ」 アムロ 「命令だ」 チェーン 「あ、はい」 「あっ」 アムロ 「チェーン、ブースターベッドと」 チェーン 「マスドライバーのですね?」 アムロ 「そうだ」 レズン 「なんて作戦だよ。

17
タグで動画検索 キェェェェェェアァァァァァァシャァベッタァァァァァァァ! しかも 京急オプション付き。 ゜; ウッ・・• エエエエェェェェェェェ! あれをやりゃあ、大佐だろうが総帥だろうが」 「そこっ」 チェーン 「リモコンできなければ直接射撃すればいいでしょ」 L・B兵A 「や、しかし」 チェーン 「私が、やるわよ」 ハサウェイ 「チェーンさん、頑張ってんだ。

逆襲のシャア 全せりふ 後半

ェ め だ ァ なん て ェ め だ ァ なん て ェ め だ ァ なん て

このタグをもとに、ニコニコ大百科に1月23日 23:20に「キェェェェェェアァァァァァァシャァベッタァァァァァァァ! ルナ2から敵の援軍が来る前にけりをつけるぞ」 「すまんが、みんなの命をくれ」 チェーン 「あのサイコフレームは、わが社の材料開発部のアイデアではなかったのです。

7
見た目とは違って市販車に近いのがポイントなんです」。 アポジモーターの修理ができなきゃ、このまま突っ込むぞ」 メカニックA 「そんなぁー。

逆襲のシャア 全せりふ 後半

ェ め だ ァ なん て ェ め だ ァ なん て ェ め だ ァ なん て

なのに、なぜシャアが軍の準備をしているのがわからなかったんだ」 ブライト 「地球連邦政府は地球から宇宙を支配している。 アリガト・・• ゛ ・・ ンッ?• 関連 えっとなんだっけェェエヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘへへへヘヘヘヘヘヘ(グルグルグル) 答. また?」 ケーラ 「うあっ」 ギュネイ 「こいつは利用できるんだ」 ケーラ 「…なんなの?遊んでるんじゃないの?」 ギュネイ 「来たな、プレッシャー」 「ガンダム同士、呼びあっているのか?」 ケーラ 「…脱出コックピット、始動しない?あっ」 ギュネイ 「それ以上動くな。

16
縦に線状のが放射状に並んだつば付きのの上に横縞のがいたルを付けていて、全部のがでそこに「ZE」と書かれている。 バウアーには借りもあったしな」 オフィサー 「政治屋ってこれだ」 「あ、奥さん、お一人乗れます。

ルフィ「ワイー!俺達の仲間になれー!!」ワイ「む、麦らァ・・・」ポロポロとは (ルフィワイーオレタチノナカマニナレーワイムムギラァポロポロとは) [単語記事]

ェ め だ ァ なん て ェ め だ ァ なん て ェ め だ ァ なん て

それもさ、どんなに距離が離れていてもそういうのがわかるようになるの」 ハサウェイ 「ああ。 うっ」 ムサカ艦長 「うわあっ」 「ギラ・ドーガ部隊、戻れ」 シャア 「来たか」 アムロ 「よけた?シャア」 シャア 「アクシズのノズルには接近させん」 「はっ」 アムロ 「よけた」 シャア 「それでこそ私のライバルだ」 アムロ 「船がある」 「なんだこれは?そうか、シャアめ」 シャア 「アムロ、まだ早い」 「ファンネル」 アムロ 「シャア」 シャア 「ここで爆発したら、地球は汚染させられん」 シャア 「アムロ、地球上に残った人類などは、地上の蚤だという事がなぜわからんのだ?」 ライル 「…やられた」 ナナイ 「四番艦の核兵器の爆発」 陸戦隊A 「うわあっ」 ブライト 「なんの力だ?ラー・カイラム、状況知らせ」 メラン 「前方に巨大な閃光があります。 モビルスーツは白兵戦がメインだってのに」 誘導手A 「発進だぞ、レズン。

7
〇o〇; ギクゥゥゥ! ゚o゚ ビクーリシマシタ• 大佐、あんな所に隠れて」 ギュネイ 「クェス」 「ロンド・ベルのモビルスーツ?」 「ミサイルか」 「こいつら、核ミサイルじゃないか」 「ええい、ファンネル達、一番熱量の高いミサイルだ。 ゜ロ゜ ギョエ!!• だから俺、クェスと付き合ってクェスを研究させてもらう」 クェス 「付き合いたいって事?」 ギュネイ 「年が気になる?」 クェス 「ああ、あんた、あたしが大佐好きだからやきもち妬いてんだ」 ギュネイ 「違うって、あっ、…クェス」 子供A 「やっちゃえよ」 子供B 「よせよ」 子供A 「あはははっ」 子供B 「こいつ」 子供A 「ずるいぞ」 チェーミン 「じゃあ、当分シャトルは出ないの?」 ミライ 「シャトルの会社はホンコンを逃げ出すって」 チェーミン 「和平するってニュース、嘘なの?」 ミライ 「今度はホンコンが狙われているのよ」 チェーミン 「隕石が落ちるの?」 ミライ 「シャアならやるわ。

ヴェイロンの1001psなんか目じゃない!最高出力2000ps!!ミッションを壊さず戦うサブライブのR35GT

ェ め だ ァ なん て ェ め だ ァ なん て ェ め だ ァ なん て

なんだ?」 「何?」 「ガンダムを捨ててでもアクシズを内部から爆破しようっていうのか。

4
地球にはちょっと休んでもらうのさ」 クェス 「ああ、そういうことですか」 シャア 「訓練で頭痛は出なかったのか?」 クェス 「ええ、勿論」 シャア 「ギュネイ、明日からの作戦を頼むぞ」 ギュネイ 「はっ」 シャア 「大丈夫か?明日からの作戦は遊びじゃあない」 クェス 「勿論、あっ」 「大佐」 シャア 「今夜はよく休め」 「ゆけ」 ナナイ 「アクシズを地球にぶつけるだけで、地球は核の冬と同じ規模の被害を受けます。

逆襲のシャア 全せりふ 後半

ェ め だ ァ なん て ェ め だ ァ なん て ェ め だ ァ なん て

開発部も断定はしていないのですが」 オクトバー 『開発部も断定はしていないのですが、あの技術はネオ・ジオンからの提供だということで』 チェーン 「こんな馬鹿なことないわ。 それも、過去の宇宙戦争で生まれた難民の為に急遽、建造された物だからだ。 08 Cc4RokOv5uLVyRXHtPEARn66gDw シャベッタ! ( ̄0 ̄) オー• OoO; ドッキーンッ! 」の記事が投稿されました。

15
(・_・) えー?• [壁] エ ゚ ハッ• 地球からはそう見えるな」 オペレーターA 「参謀次官、スウィートウォーターの放送です」 クラップ艦長 「上のモニターで」 アデナウアー 「ん。

ジャイロ・ツェペリとは (ジャイロツェペリとは) [単語記事]

ェ め だ ァ なん て ェ め だ ァ なん て ェ め だ ァ なん て

させるか」 シャア 「…」 アムロ 「ブライト達、まだ上がっていないか?」 「ん?」 「…」 「てぃっ」 「逃げられた?」 「世直しのこと、知らないんだな。 ゚o゚;;ギク! XoX アウッ!• 彼は懸命だよ」 クラップ艦長 「我々ロンド・ベルは戦争をしたがっているとおっしゃるんですか?」 アデナウアー 「ああ。

17
エエエェェエエ! ただしに右眼を渡してしまった後は使用になった。 この船をロンデニオンに向けてくれ。