飲む あんこ。 「スポーツ✕あんこ」の新感覚 “飲むあんこ”の「theANko」がリニューアル|株式会社UNDERWATERのプレスリリース

スポーツ時も美味しく栄養補給!新感覚“飲むあんこ”「theANko」リニューアル

あんこ 飲む あんこ 飲む あんこ 飲む

銀座「空也」5代目山口彦之氏が監修• キャップの周りにあんこの糖分が固着している場合がございます(召し上がっても体に影響はありません)。

意外な組み合わせが癖になります。 和菓子界の最も若いリーダーの一人。

飲むあんこ。

あんこ 飲む あんこ 飲む あんこ 飲む

あんこは、少ない量でたくさん糖質が摂れ、甘さがくどくなくてもたれないという選手らの話から「アスリートが栄養補給するためのあんこ」という商品を思いついたのです。 普段のトレーニングの前中後、登山、マラソンなど長時間エネルギーを消費するスポーツなど。 自身もアスリートであった平子氏は、口に合わない栄養補給食を体のために無理に摂取していた経験から、アスリートが美味しさを我慢しないエナジードリンクを開発したいとの思いがあったという。

10
飲み口が小さくなってさらにアクティブな活動へ。

飲むあんこ。

あんこ 飲む あんこ 飲む あんこ 飲む

白と黒のシンプルなデザインなのも、男女問わず持ちやすくて良いですよね。

20
自身もアスリートであった平子は、口に合わない栄養補給食を体のために無理に摂取していた経験から、 アスリートが美味しさを我慢しないエナジードリンクを開発したいとの思いがあった。 誤嚥しにくいため高齢者にも適していて、差し入れや手土産にも喜ばれそうだ。

【運動時の栄養補給】飲むあんこ「theANko」をレビュー【築地果汁創作所】

あんこ 飲む あんこ 飲む あんこ 飲む

1979年生まれ。 株式会社UNDERWATERが手がけるこの「theANko」の原料は、北海道産小豆と 「鬼ザラ糖」という最高級ザラメのみ。 また添加物等を使用していないので、スポーツ愛好家だけでなくアスリートも気にせず摂取できそうです(ただおそらく正式にアンチドーピングとして認可はおりていないと思われます)。

19
手が洗えない場所での栄養補給、オフィスや学校の休憩時、あんトーストやお汁粉など普段のおやつ、誤嚥しにくく高齢者の方にも。 事務所部屋にお菓子ボックスがあるとかないとか。

【運動時の栄養補給】飲むあんこ「theANko」をレビュー【築地果汁創作所】

あんこ 飲む あんこ 飲む あんこ 飲む

。 片手で栄養補給でき手が汚れないチアパック入り• オンラインマラソンを走る場合にはペットボトルとtheANkoを持って走りましょう。

今回のリニューアルでこれまでより飲み口の口径を小さめに、女性や子どもの小さい口にもフィットしやすく、走りながらでも口にくわえやすい大きさになっている。

オンラインマラソンはあんこで補給?片手で手軽に飲める「theANko(ジ・アンコ)」

あんこ 飲む あんこ 飲む あんこ 飲む

1979年生まれ。 【 あんこプロデューサー: 山口 彦之 やまぐち ひこゆき 】 1884年創業の老舗、 銀座「空也」の五代目。

1
甘党と辛党は相容れないと昔は言われていましたが、今は共存できる雰囲気になってきた気がします。

コーヒーにあんこ? あんこのプロが直伝する日常で楽しめる「あんこ」の食べ方|テレ東プラス

あんこ 飲む あんこ 飲む あんこ 飲む

そんな中、築地で新鮮なフルーツや野菜にこだわり、コールドプレスジュースやスムージーなどを展開する築地果汁創作所があんこエナジードリンク「the ANko」を開発しました。

4
ポイントは数回に分けて計画的に飲むということです。 水球でインターハイ優勝し、早稲田大学水泳部水球部門で主将を務め、イタリアに留学するほど有望な選手であった平子氏は、いつかスポーツに関わるビジネスをしたいと考えていたため、スポーツの現場に足を運んで、彼らの課題や問題点に耳を傾けることを心がけていたそう。

「スポーツ✕あんこ」の新感覚 “飲むあんこ”の「theANko」がリニューアル|株式会社UNDERWATERのプレスリリース

あんこ 飲む あんこ 飲む あんこ 飲む

うん、間違いない。

13
山口氏は、 「スポーツを通じてあんこを世界に紹介することができるなら」と監修を引き受け、商品誕生に至っている。