å‡Ē ぎ お 暇 ネã‚ŋバãƒŦ 44。 【ã‚ĸクã‚ŋãƒŧジãƒĨ】44čŠąãƒã‚ŋバãƒŦと感æƒŗīŧč„‡åŊšã¨ã—ãĻčĻšé†’する星ã‚ĸキナ

【ã‚ĸクã‚ŋãƒŧジãƒĨ】44čŠąãƒã‚ŋバãƒŦと感æƒŗīŧč„‡åŊšã¨ã—ãĻčĻšé†’する星ã‚ĸキナ

暇 44 ぎ お å‡Ē ネã‚ŋバãƒŦ 暇 44 ぎ お å‡Ē ネã‚ŋバãƒŦ 暇 44 ぎ お å‡Ē ネã‚ŋバãƒŦ

こうしãĻå‡Ēぎお暇はįĩ‚わãŖた。 30æ—ĨおčŠĻしį„Ąæ–™ã§ 600円分ぎポイãƒŗトがもらえる。 それを 毎æ—ĨやãŖãĻいるぎをčĻ‹ãĻæĨŊしãŋãĢしãĻいたと。

14
原際原åŽļãĢ帰ると大したčĸĢåŽŗではãĒかãŖた。 ぞãŖさらãĢãĒるためãĢすずãĻぎしがらãŋをきãŖた。

『å‡Ēぎお暇』6čŠąãƒã‚ŋバãƒŦ感æƒŗīŧæ…ŽäēŒã¨å††ãŒį ´åą€ã§ã‚´ãƒŗã¨ãŽä¸‰č§’é–ĸäŋ‚がæœŦæ ŧįš„ãĢīŧ

暇 44 ぎ お å‡Ē ネã‚ŋバãƒŦ 暇 44 ぎ お å‡Ē ネã‚ŋバãƒŦ 暇 44 ぎ お å‡Ē ネã‚ŋバãƒŦ

」 å‡Ēはæ—Ĩ曜æ—Ĩぎ慎äēŒãŽįĨ–母ぎįąŗå¯ŋぎおįĨã„ãĢもじゃもじゃぎéĢĒãŽæ¯›ãŽãžãžčĄŒãã“ã¨ãĢした。

14
慎äēŒãŽæœĒįˇ´ã¯īŧŸ 慎äēŒã¯ãžã å‡ĒãĢãĄã‚‡ãŖとæœĒįˇ´ãŒã‚るようãĢ感じぞした。

å‡Ēぎお暇īŧ”čŠąãŽãƒã‚ŋバãƒŦと感æƒŗ【čĻ‹é€ƒã—å‹•į”ģ配äŋĄæƒ…å ąã‚ã‚Šã€‘

暇 44 ぎ お å‡Ē ネã‚ŋバãƒŦ 暇 44 ぎ お å‡Ē ネã‚ŋバãƒŦ 暇 44 ぎ お å‡Ē ネã‚ŋバãƒŦ

やはり地元ãĢ帰ãŖãĻくると、そぎįŠē気ãĢ支配されãĻいたと思いぞす。

20
『å‡ĒãŽãŠæš‡ã€å‰čŠą 43 čŠąãŽã‚ã‚‰ã™ã˜ã¯ãƒģãƒģãƒģ 夕はč‹Ĩい時ãĢå¤ĸをåļえるため、思い切ãŖãĻ上äēŦする。

æŧĢį”ģ å‡Ēぎお暇 æœ€æ–°čŠąãƒã‚ŋバãƒŦ 7åˇģ42芹 慎äēŒã¨ãŽäš…しãļりぎäŧščŠą

暇 44 ぎ お å‡Ē ネã‚ŋバãƒŦ 暇 44 ぎ お å‡Ē ネã‚ŋバãƒŦ 暇 44 ぎ お å‡Ē ネã‚ŋバãƒŦ

そんãĒ中、北æĩˇé“ãĢ台éĸ¨ãŒããĻ母čĻĒã¯å•éĄŒãĒいが、åŽļãĢčĸĢåŽŗがå‡ēãĻしぞãŖたため、æ€ĨéŊ北æĩˇé“ãĢいくことãĒãŖたå‡Ē 前ぎ゚トãƒŦãƒŧトパãƒŧマãĢæˆģしãĻワãƒŗピãƒŧ゚でåŽļãĢ帰るå‡Ē、慎äēŒã¯čĄŒããĒīŧã¨æ­ĸめらる。

13
「å‡ĒãĄã‚ƒã‚“ãŽã“ã¨ã ã‘ã‚’åĨŊきでいるīŧã€äŋēとäģ˜ãåˆãŖãĻうださい」 éĄ”ãŽå‚ˇã¯éĩをčŋ”すäģŖわりãĢ掴られたあとだãŖた。 äēŒäēēはおうしãĻåˆĨれたぎか、そしãĻそぎ垌おうãĒãŖãĻいくぎか。

å‡Ēぎお暇įŦŦ4čŠąãŽã‚ã‚‰ã™ã˜ãƒã‚ŋバãƒŦ!ゴãƒŗぎ洗éĸ台がヤバイīŧ

暇 44 ぎ お å‡Ē ネã‚ŋバãƒŦ 暇 44 ぎ お å‡Ē ネã‚ŋバãƒŦ 暇 44 ぎ お å‡Ē ネã‚ŋバãƒŦ

å‡Ēは慎äēŒãĢãŦかåēŠã‚’小分けしãĻいたことを思いå‡ēした。 å‡Ēは「ãŋãŖともãĒいåŽļæ—ã€ã¨č¨€ã†æ¯čĻĒãĢ、「åĢŒã„、お母さんぎことずãŖとåĢŒã„、įŊĒæ‚Ē感あおãŖãĻč¨€ã†ã“ã¨ã‚’čžã‹ã›ã‚‹ã¨ã“ã‚ã€å¤–ã§ã¯ã„ã„äēēãļる、č‡Ē分ができãĒいことをį§ãĢやらせるところとか、だけおお母さん、かわいそう、周りãĢだれもいãĒいから、わたしがåŋ…čĻãĒんだよね、į§ã¯ãŠæ¯ã•ã‚“ぎためãĢį”Ÿãã‚‰ã‚ŒãĒい。 ゴãƒŗãĢ告į™ŊされたことをãŋんãĒから囃しįĢ‹ãĻられるが、ゴãƒŗとįĩã°ã‚Œã‚‹ã¨äŊ•ã‹åĢŒãĒことがčĩˇããŸã‚ŠãƒãƒãŒåŊ“ãŸã‚‹æ°—ãŒã™ã‚‹ã¨čŠąã™å‡Ē。

4
こぎようãĒå‡ĒãŽčŠąã‚’čžã„ãŸãƒžãƒŧ君は、åŊŧãĒりãĢåŸēį¤Žã‚’čĻ‹į›´ã™ã¨ã„うだとį†č§Ŗしたようです。

『å‡Ēぎお暇』įŦŦ44čŠąãŽãƒã‚ŋバãƒŦīŧ†æœ€æ–°čŠąã€‚åŽļ族ãĢも気å‘ŗæ‚ĒがられるようãĢãĒãŖたゴãƒŗ

暇 44 ぎ お å‡Ē ネã‚ŋバãƒŦ 暇 44 ぎ お å‡Ē ネã‚ŋバãƒŦ 暇 44 ぎ お å‡Ē ネã‚ŋバãƒŦ

å‡Ēは慎äēŒã¨ä¸€įˇ’ãĢいた時įĩåŠšã—たいとただ思ãŖãĻいた。

1
。

【å‡Ēぎお暇ãƒģãƒ‰ãƒŠãƒžå…¨čŠąã‚ã‚‰ã™ã˜ãƒģネã‚ŋバãƒŦ】再攞送いãŖきãŋせ感æƒŗ

暇 44 ぎ お å‡Ē ネã‚ŋバãƒŦ 暇 44 ぎ お å‡Ē ネã‚ŋバãƒŦ 暇 44 ぎ お å‡Ē ネã‚ŋバãƒŦ

ã“ã‚Œã¯æ–­č¨€ã—ãĻもいいです。 įˇ‘はåĻšã¨ä¸€įˇ’ãĢ映į”ģをčĻ‹ã‚‹ã€ã¨ã„うå¤ĸがå‡ēæĨãĻいた。

20
そんãĒ時įĒį„ļ母čĻĒãĢå‘ŧばれãĻ銚くå‡Ē。 įĩåą€å‡Ēはé›ģčŠąã‚’åˆ‡ãŖた垌、č‡Ē分ぎčĻĒがč‡Ē分ぎ初恋かと思うとゞッとしãĻしぞうぎでした。